フェアトレード

チョコレートの原料となるカカオ産業では、カカオ農家が公正な価格を受け取っておらず、どんなに一生懸命働いても貧困から抜け出せない現状があります。私たちはそんな現状に疑問を投げかけます。彼らのハードワークに値する適切な賃金、価格を支払い、より良い生活を送れる仕組みの中で取引を行います。カカオ産業では、資源や人に敬意を払わず不当な扱いをする多国籍企業が多く存在します。彼らは子供を含む労働者が強制労働させられているという事実にも目をつむっています。彼にとっては短期間で最大限の利益を上げることが最も重要なのです。

カカオ産業の強制労働についてもっと知りたい方はこちらの動画をご覧ください。'The Dark Side of Chocolate'

フェアトレードマークは、国際フェアトレード認証機構(FLO)が設定した基準に従い、生産過程、取引が行われたと認証された商品に付与されます。ミルラに使われるカカオはドミニカ共和国でフェアトレードされています。
ミルラチョコレートはフェアトレード認証を受けています。これは公正な価格を生産者に払っているということ、奴隷や子供たちに労働を強制していないということを示しています。また、カカオを購入する企業は小規模農家に投資し地域を活性化させ、原材料は環境に優しい状況のもとに生産されていることも意味しています。